<   2007年 12月 ( 23 )   > この月の画像一覧

ヤマダマサル写真展 LiveALIVE!! 告知

ヤマダマサル写真展
Live Alive!!
2008.1.15(TUE)~2008.2.2(SAT)
18:30~23:00
中野 写真機居酒屋「tokinon50/1,4」にて


インディーズ・ロック・ミュージシャンのステージ写真を題材にした写真展を行います。
2007年、足繁く通い、撮影しまくった約3000枚の写真の中から選んだ2つのバンド「内核の波」と「ダムダム団」の写真をメインとして、20枚ほどの写真展示とアルバムの作成。私が撮影した「内核の波」のライブ映像の上映。「内核の波」「ダムダム団」のCDをBGMに、3週間に渡って開催致します。
各バンドのファンの皆様、興味のある方々のご来場をお待ちしております。
2007.12.16 ヤマダマサル

c0112245_1931769.jpg

c0112245_1942036.jpg


※フライヤーの日付間違えました。最終日は2月2日(土)になります。
[PR]
by nejiyama | 2007-12-17 11:08 | 写真展

12月8日-目黒鹿鳴館 月禿の騎士(その3)

c0112245_11131351.jpg

c0112245_11133196.jpg

c0112245_111422.jpg

c0112245_11141547.jpg

c0112245_11143482.jpg

客席には難波弘之さんも来てました!
[PR]
by nejiyama | 2007-12-09 11:15 | rock stage

12月8日-目黒鹿鳴館 月禿の騎士(その2)

このバンドはとにかく楽しそうに演奏しているのが凄くいいです。

c0112245_1101663.jpg

c0112245_1103263.jpg

c0112245_1104964.jpg

c0112245_1112821.jpg

c0112245_1125646.jpg


動きのある3人に対して紅一点キーボードの杏奈ちゃんが冷静に弾いてるのが対照的。
[PR]
by nejiyama | 2007-12-09 11:03 | rock stage

12月8日-目黒鹿鳴館 月禿の騎士(その1)

前回、高円寺で見た月禿さんです。今回も凄かった。

c0112245_105704.jpg


c0112245_10571785.jpg

c0112245_10575333.jpg

c0112245_1058864.jpg

c0112245_1058252.jpg

c0112245_10584127.jpg

[PR]
by nejiyama | 2007-12-09 10:58 | rock stage

12月8日-目黒鹿鳴館 ESPER

c0112245_10511520.jpg

c0112245_10512722.jpg

c0112245_10513955.jpg

c0112245_1051494.jpg


宇都宮出身のラウドネスのコピバン。
ルックス的にはコミックバンドかと思っちゃいましたが、まじめにコピーしてました。
太めの上沼恵美子ボーカルの人はハイトーンがしっかり出ていて凄かった。
林家ぺーギターの人もかなり上手かったですよ。
何故か女の子が二人、かぶりつきでノリノリに揺れていました。
そっちのほうが気になっちゃった(苦笑)
[PR]
by nejiyama | 2007-12-09 10:54 | rock stage

12月8日-目黒鹿鳴館 FROM GRACE

c0112245_10475668.jpg

c0112245_1048996.jpg

c0112245_1048208.jpg

c0112245_10483320.jpg

c0112245_10484432.jpg


英国のメタルコアパンク、FromGrace。
いやはや、久々にこういう体力系バンド見ました。なかなか面白かったですよ。

全てモノクロ処理/ノイズ付加
[PR]
by nejiyama | 2007-12-09 10:49 | rock stage

いっとき・・・

c0112245_21325538.jpg


・・・いっとき・・・これは「一時避難場所」の事だよね。
「いちじ」ではないのか?

マジなのかボケなのか??

c0112245_11331719.jpgそれはさておき、撮影したのはペンタコンオート50mmF1.8というレンズ。
何種類かあって、後期のものはゴム巻きヘリコイドになっており、マルチコート化されている。
銀塩時代には発色が良く解像度も高いので愛用していた。デジタルになるとぐるぐるボケが少々うるさく感じられるかも。解像度もキヤノンの優秀なLレンズを常用していると物足りない。

だが、独特の滲みとボケ具合は、この手のオールドタイマーレンズの味がある。
驚くほど奥深い色ノリの写真が撮れたりするので、侮りがたい一本だ。

ちなみにこのレンズ、無限で5Dのミラーに当たります。ほんの僅かなんですが・・・
[PR]
by nejiyama | 2007-12-06 21:34 | Pentacon Auto 50/1.8

クルマ・道祖神

c0112245_21275933.jpg

この描写は非常に良い感じ。

c0112245_21282375.jpg

前ボケは大人しめの印象。

c0112245_2129111.jpg

ボケた部分の滲みが古めかしい描写。
[PR]
by nejiyama | 2007-12-06 21:30 | Pentacon Auto 50/1.8

青・赤・キイロ

c0112245_2124482.jpg
c0112245_21233478.jpg

c0112245_2124059.jpg


東ドイツの標準レンズ、Pentacon Auto 50mm F1.8。
銀塩時代は非常に発色が良く、解像度も高い印象があった。
デジタル化してしまうと、開放時の滲みと口径食、ぐるぐるボケが気になる時もある。
[PR]
by nejiyama | 2007-12-06 21:26 | Pentacon Auto 50/1.8

会津旅行-大内宿(その2)-

c0112245_937968.jpg

c0112245_9373410.jpg

c0112245_9375060.jpg

c0112245_938313.jpg

[PR]
by nejiyama | 2007-12-05 09:38 | 旅の写真